2月も終わりに近づき、
お客様の中でも
花粉症の症状が出だした方がいらっしゃいます。

 

花粉症とひとことで言っても、
透明で量の多い鼻水が止まらない、
目が乾燥する、
目が充血して痒い
…など症状はいろいろ。

 

 

 

漢方薬は、
「症状A=Aという漢方薬」
ではなく、
「症状A→原因を見極める→漢方薬を選ぶ」
というように決めていきます。

 

なので、
「お友達が良いと言った」とか
「雑誌に書いてあった」というのでは
思ったように効かないこともあります。

 

咲美堂漢方薬局では、
辛い花粉症の症状を軽減するための漢方薬を
取りそろえております。

 

目に対するものとして、
なかなか改善されない炎症やドライアイに
杞菊地黄丸。

 

これは「乾燥」がポイント。

 

杞菊地黄丸:熟地黄・沢瀉・枸杞子・山茱萸・茯苓・菊花・山薬・牡丹皮

 

もうひとつは、
目が充血したり痒みがきついときに
洗肝明目湯。

 

これは「充血」がポイント。

 

洗肝明目湯:当帰・防風・蔓荊子・川芎・決明子・菊花・芍薬・黄連・桔梗・地黄・荊芥・蒺梨子・黄芩・薄荷・甘草・山梔子・羌活・石膏・連翹

どちらのタイプかによって
使う漢方薬が変わります。

 

詳しくは店頭で
ご相談ください。

 

花粉症対策の漢方薬は
1週間で2,000円~3,000円ぐらいです。

 

漢方薬によってお値段が変わりますので、
こちらもご相談くださいね。

 

漢方薬ご相談は予約制となっております。

 

ご相談ご希望の方は、
お電話でご連絡くださいませ。

 

TEL:078-381-5665 (月曜日定休)

 

 


大きな地図で見る

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

咲美堂漢方薬局
神戸市中央区北長狭通6-2-15
カサベラ花隈B102
Tel:078-381-5665
Mail:info@shobido-kanpo.com
営業時間:11時~18時(月曜定休)

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

カテゴリー

咲美堂漢方薬房
神戸市中央区北長狭通6-2-15
カサベラ花隈B102
Tel:078-381-5665
Mail:info@shobido-kanpo.com
営業時間:11時~18時
(月曜定休)

カレンダー

2020年8月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31