こんにちは!

 

神戸に笑顔の花を咲かせる咲美堂漢方薬局
スタッフの局です。

 

♪ちょいと一杯のつもりで飲んで、
いつの間にやらハシゴ酒~~♪

 

おやおや、
なにやら昭和の香り満載の歌が
聞こえてきましたよ(笑)

 

あらら~、お父さん~
ご機嫌ですね~♪

 

楽しそう~
そうですね。
お酒は楽しく飲まなくっちゃですよね~。

 

「ヒィック…、ヒィック…、ヒィック…」

 

んん?お父さん、
大きなシャックリ連発してますね。

 

いくらなんでも
飲み過ぎでは~?

 

まま、ここはひとつ
冷たいお水でも飲んで
そのシャックリ止めましょか~。

 

ちょっと設定が古いですけど、どうです?

 

年末年始と忘年会・新年会続きで
こんな状態のお父さん見かけませんでしたか?

 

今回のテーマはそう、「シャックリ」

 

ま、誰にでも起こりうる症状だし、
別に命取りになるわけじゃなし、
スルーしてもいいぐらいなんですけど、
ごくたまに止まらなくて困る方もいらしゃるようですので、
ちょっと取り上げてみました。

西洋医学ではご存じ
「横隔膜の痙攣」とされているこの「シャックリ」。

 

漢方では「胃の冷え」が
原因と考えられています。

 

「胃」には口から入った食物を腐熟させ、
体に吸収しやすい状態にして送るという働きがあります。

 

「胃」の中の気の流れはその働き通り、
上から下へ向かうのが正しいとされています。

 

しかし、
冷たい物の摂り過ぎにより
「胃」が冷えてバランスを崩し、
本来の働く向きを間違えて
上に向かって気を送り出してしまう、
これが「シャックリ」の正体なんだそうです。

 

冷えて寒いと誰でもギュッと縮こまりますよね。

 

そして熱を起こそうとして震えたり、擦ったり。

 

内臓だって同じこと。

 

「シャックリ」は物言わぬ「胃」の
「寒いよ~!」という訴えなのです。

 

先ほど冷たいお水で止めよう
なんて書いてましたけど、
これは絶対NG!

 

やってはいけません!

よけいに胃が冷えちゃいます~(>_<)

 

こんな止まらぬしつこい「シャックリ」に
お困りの時には、コレ!

 

 

「生姜湯にマーマレード」!

 

生姜には、
胃腸を温め胃の気を下げる働きがあります。

 

妊婦さんのつわりや、
乗り物酔いといった吐き気にもよいようです。

 

マーマレードは
「理気」という作用で
気を正常に巡らせてくれます。

 

「温めて、気の流れを正常に巡らせる」

食物だって
立派なお薬となるんです。

 

「シャックリ」で困った時には
思い出してお試し下さいね~(^_^)v

 

今回「飲み過ぎ注意」
の自戒の念を込めて書いた
スタッフ局でした(^_^.)

 

ではまた次回に~m(__)m

 

 


大きな地図で見る

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

咲美堂漢方薬局
神戸市中央区北長狭通6-2-15
カサベラ花隈B102
Tel:078-381-5665
Mail:info@shobido-kanpo.com
営業時間:11時~18時(月曜定休)

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

カテゴリー

咲美堂漢方薬房
神戸市中央区北長狭通6-2-15
カサベラ花隈B102
Tel:078-381-5665
Mail:info@shobido-kanpo.com
営業時間:11時~18時
(月曜定休)

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930