» 2014 » 1月 » 5のブログ記事

神戸に笑顔の花を咲かせる咲美堂漢方薬局
池田哲子(のりこ)です。

 

今日は閉局していますが
ひとりで局内で仕事をしています。

 

営業できないので入口を閉めていますが、
中におりますので、
ご用の方はお電話くださいね。

 

先ほども
他愛もないことを話しに
友人が来てくれました。

 

「○○ちゃん、不安になることない?」

 

私のドストレートな質問に
一瞬戸惑いながらも
「あるで。当たり前やん。
私こう見えて人間やもん」
とRちゃん。

 

そりゃそうだ…。

 

「で、そんなときどうするん?」
と聞くと…

 

「太陽の光を浴びて叫ぶねん」

 

「え、それって
太陽に吠えろみたいやん…」

 

「吠えるんちゃうで。
心の中で叫ぶねん」

 

なんという不思議な会話だと思いながら
大爆笑。

 

「のりちゃん、大丈夫。
今思っていることしていいねん。
あなたならできる。
悩んだとしたら、それは事実。
いったん辛かったね自分って受け入れて
じゃどうする??になればいいんよ。
そこからはのりちゃん得意やん」

 

ぬぉーーー
Rちゃーーーん!!

 

とお客様がいないことをいいことに
昼間っから号泣する私でした。

 

「自分に許可する」
というのは
「甘えていいよ」
ということじゃなく
「がんばらなくていいよ」
ということではない。

 

自分に制限を掛けて
行動範囲を狭めて
責任逃れをすることじゃない。

 

「辛かったね」
とか
「そりゃ怒りたくなるよね」
とか
「泣きたくもなるわね」
と、
泣いたり、怒ったり、腹を立てたり
悩んだり、行き詰まったり、苦しくなったり
そうなってしまった自分を
許すこと。

 

自己嫌悪ではなく
素直になること。

 

そこから、
じゃどうしよう?
なにが問題だったのかしら?
これをこうすれば…
というように展開する。

 

そうすると、
相手を許せたり
相手の気持ちが分かったりする…。

 

前に心理学で勉強したのになぁ。

 

忘れてたよぉ…。

 

だから、
苦しくなって悩んだんだ。

 

辛かったけど
大事なコトを思い出すために。

 

すべてのことに意味がある
とは分かっていたけど、
こんなところにも。

 

そこでふと思ったこと。

 

漢方相談員は
「治す」だけが仕事じゃない。

 

心に寄り添える相談員。

 

これは薬剤師でなくても
できること。

 

それで心が軽くなり
体がラクになるのなら
そういう役割もいいなと。

 

すべては
咲美堂とご縁がある方に
笑顔で幸せになっていただくため。

 

なにかできないだろうか…。

 

プロを呼んでくる
育成する
どこかと提携する。

 

心を閉ざしたことがある
私だからこそ
なにかできそうな気がする…。

 

ちょっと考えてみよう。

 

咲美堂漢方薬局でするのか
法人としてするのか
ご紹介にするのか
なにがいいんだろう。

 

すぐにはできないけど
考える価値はあるはず。

 

友人から得たヒント。

 

忙しい中たまたま近くまで来たと
寄ってくれたRちゃん。

 

私にメッセージを届けに来てくれたのね。

 

午後から書類棚の整理をする予定だったので、
ちょっと考えながら
お掃除します。

 

 


大きな地図で見る

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

咲美堂漢方薬局
神戸市中央区北長狭通6-2-15
カサベラ花隈B102
Tel:078-381-5665
Mail:info@shobido-kanpo.com
営業時間:11時~18時(月曜定休)

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*


カテゴリー

咲美堂漢方薬房
神戸市中央区北長狭通6-2-15
カサベラ花隈B102
Tel:078-381-5665
Mail:info@shobido-kanpo.com
営業時間:11時~18時
(月曜定休)

カレンダー

2014年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031